忍者ブログ
20 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24 February

風立ちぬ、いざ生きめやも

こんばんは、いかがお過ごしでしょうか。
最近すごく暖かいですね!でも天気予報だとこれからまた雪が降るとかなんとか。。今年は暖かくなって雨が降って雪が溶けたり急に寒くなって吹雪いたり両極端でちょっと困ります。靴が濡れるし夜は凍るでしょ、滑るでしょ、転ぶでしょ、、
でもまだ私の今季初転倒は観測してないのですよ。年に一度は転ぶのにね珍しい!いいことです。私もやっと落ち着いてきたかな。みたいな。
どこが落ち着いてるねんという突っ込みは無しです。笑 そろそろ落ち着きがほしい笑

私事ですが、先日からバイト勤務がなくなりました。自主退職したわけではありません。ええー……お察しです。お察してください…………
時期的にはとても良くて、こちらとしてもずるずる続けなくてもよくなったのでまあ、良い時期だったんじゃない、という感じではありますが、いやいやそういうことじゃないだろ!おまえ!そんな!おまえ!という感じです。つまりはショックです。w
そういう訳を聞いたときは、エーッ?!てそりゃまあショックだったんですが、全ッ然実感が沸かなくて、バイト無くなってからふつふつとその実感が込み上げてきていて、すごくショックで、今ココ、、
何が悲しいって、いつものメンバーにいつもの場所で会えなくなるってことが!カナシミ!会う機会がほとんど無くなっちゃうのとてもかなしみです。いつもの場所がなくなることも。。
そして、ここ2年と3ヶ月はバイトがあること前提で生活してたので、それがぽっかりなくなるのが、ヤバイ、私ちゃんと生きれるかな?っていう不安がとてもあって、ヤバイ、私ちゃんと生きれるかな?(復唱)
もーほんとに!ダイコン!ダイコンラン!そんな感じです。


そんな悲しみにくれながら、先日テレビ放送していた『風立ちぬ』を見ました。劇場でも一度見たのですが、ほんとにほんとに、綺麗でえげつない業映画だなあと思いました。。本当に綺麗な映画です、夢みたいな。鬱作品になっても仕方がない、どうしようのない人生と業と時代の動きのどす黒い渦巻きのストーリーを、あそこまで美しく描き出せるの すごいなあと思うのです、、
飛行機の作画が本気で神がかってるの何なんですかあれは。ロマンが溢れていた。神か。
そして、「あなた、生きて」って言われた後に続く、「うん…うん…」の二郎のセリフは本当に、ああ…ああ…ってなりました。。あの演技 すごすぎるよな。。。やばい
二郎における「生きる」ことの、この、人生の罪深さというか業というか、その深さが根底にあっての、「生きて」って言葉の、救済というか贖罪というか、希望のような絶望感のような希望のような、なんかもう、
そんな感じです…(言語化することを諦めた)

すごく「ひこうき雲」が聴きたくなって探してたら、とても素晴らしいカバーを見つけました。



サビの高音がもう、とてもきれいで……!初聴いっぱつで魅了されました……。


それとサイトの話。
この前からちょこちょこと小説・漫画ページと、オリソニページを編集してました。オリソニ作品はオリソニページに全て収納することにしました。こっちの方がすっきりしていいかも?ひそかにオリソニの絵と日記ログに1つずつ追加してます(ネットのどこかしらには上げたものです)。よかったらどうぞ。
とりあえずやりたかった編集作業が終わったので、サイト改装はしばらく一息つけそうです。^o^