忍者ブログ
08 June

無限大なあああああ

夢のあとのおおおおお
というわけでこんばんは、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

実は!前記事でもちらっとお話しましたがソフトバンクがアニメ見放題のサービスを始めたらしく、一年間無料ということで利用してるのですが、この前、デジモン無印視聴完走しました!!
デジモン無印、放送当時も見てたんですけどあまり記憶になくて、ほとんど初見だったのですが、ほんとこれ、ぜったい、子供のときに見てたらすごく印象残る作品だなあ、子供向けいいなあ!と思いました。
それから何気なくブックオフ行ったら、これがあって!!思わず買っちゃいました!!


デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!/デジモンアドベンチャー【劇場版】 [DVD]デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!/デジモンアドベンチャー【劇場版】 [DVD]

東映ビデオ 2001-01-21
売り上げランキング : 3109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

劇場版DVD~!どちらもとてもよかった!ウォーゲームは本当力の入った作品でどこを見ても素晴らしい。サブタイない方の映画は実はこれ見て初めて存在を知ったんですけど、これはいいね。すごく好きだよ。特にアニメ21話との関連が素晴らしいね!!!最高でした。
詳しい感想は続きから!
30 September

元気で~す!!(ヤケクソ)

特にブログで話すことがないのでとりあえずSSS「」更新しました。
実はジェッターズとか話せたらいいんだけど・・あの・・絵が描きたいねん・・でも最近ちょっと動画作りにはまってしまってダメだ…
描きたいものがあるとそっちに全部気力が傾いちゃうからほんとダメなんだよおお~~ほんと 全ての気力を費やしてしまう!割と日常生活に支障をきたすレベルです(ワラエナイ)
29 September

さあ駆け出そうよ~~

今すぐに~~!
まれ、終わっちゃいましたね!朝ドラがひとつ終わると時間の流れを感じます。また季節がめぐっていったのか~~みたいな。
まれはあまりボリュームが感じられないというか、色んなことがあったはずなのにあっという間に終わっちゃった!という印象です。マッサンなんかめっちゃ長く感じたのにw
31 May

ハッピーエンドはいつもハッピーとは限らない

こんなタイトルを書かせるような印象のドラマでした。
おしまい。
(まて)

ずっと前、世にも奇妙な物語がお昼に再放送してたので毎日録画予約してたんですが、その枠にまた別のドラマが録らさってたみたいで、つい見たんですよ、『最高の離婚』。うちの家族全員があまり好きそうでない、泥沼タイプのドラマだったし、私もよくドラマ見るような人じゃなかったんですが、1話見て続きが気になっちゃって全話完走してしまいました…なんかもお
胃が 胃がいたくなるようなドラマでした…www ここまでシナリオ練れるドラマもすごいなあと久々に見いったドラマでした。。ちなみに一応ハッピーエンドですよ!でも引っ掛かるところが多々w続きからちょっとだけ感想します。

その前に!アクセスカウンター5000ヒットありがとうございました!!
毎日のアクセスは多くはありませんが、おかげさまで5000回まわるぐらい来ていただけて嬉しいです。これからもゆるく活動できたらいいなあと思いますので、よろしくお願いします✧*

では続きから感想です!


30 April

「ハッピーエンドにしよう?」

また描き終わった記事が全部消えたよー・・・つらい・・・
すみません、ちゃんと書きたかったんだけど さくっと書きます・・・


だいぶ前になりましたが、プリンセスチュチュ完走しました!



バンダイチャンネルで1話無料、有料で全話配信してるみたいですね!
結構DVDレンタル屋にも置いてあってびっくりしました。人気だったのかな??BDも発売予定されてるし(日程は未定だけど)、多くの人が魅了されてるみたい。でもその意味が今なら分かる!!すっごいすっごいアニメでした。怒涛のクール終わり前3話ぐらいとか演出半端ないわ。

1話を見ていただけると分かるのですが、バレエを主軸としたアニメになってます。物語はなんかこうすごく不思議な世界で・・・だって1話から既にあひるだと思ってたらあひるは女の子で、プリンセスチュチュだと思ってたらあひるだった状態だし、何を言ってるか分からねえと思略
ちょっと怖いけど、心が温まる優しいメルヘンバレエアニメでした。最後までちゃんとバレエだった!!すごく面白かったよ!!

1話でも割とほのめかされてますが、この物語の入れ子式?がほんっとにすごいと思う。視聴者→ドロッセルマイヤー→あひるという関係性…こんな構想そうそう描けるものじゃないよ・・・!しかもドロッセルマイヤー(作者)の絶対的な運命に抗い乱していくキャラクターを配置して物語を展開させていくっていう構図もすごいし、逆に決して交わることのない作者-キャラクターの両者が会ったりして展開していくっていうプロットも素晴らしすぎる。意味が分からない。ていうか実際意味が分からなかった(足りない脳)

そして実際に、ドロッセルマイヤーも「書かれている存在」なのではないか…というほのめかしがされてあったりして、でもそれを書いている存在ももしかして「書かれている存在」なのかもしれない・・?という解釈もアリだったり??して、メタフィクション的な要素が含まれているのが本当にすばらしい。芸術だ。芸術すぎる…。

ていうかね、芸術と言えば、作品の音楽とか作画も本当にスゴイの!!バレエの迫力とか躍動感が溢れていて圧倒されるばかりでした…ていうかマジで圧倒されるばかりだった…意味が分からない…(足りない脳)
刺激がほしい!びびっとくるものが見たい!という方には超お勧めの作品でした。ぜひぜひ見てほしい!感じてほしいこの感じを!

続きからネタバレありでちょこっと書くね。
        
  • 1
  • 2