忍者ブログ
20 October

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

27 September

業務連絡とクリス語り

ああああああもーー!!最近記事全部消えて書き直し多すぎ(´;ω;`)
ちょっと省いて描きます・・もお・・だめだ _(:3」 ∠)_


業務連絡です!

スターフォックスカレンダー2016(カラクリないと)通販が始まりました!!
私は2月担当で寄稿させて頂きました!
ほんっとすごい豪華で素晴らしい、来年が楽しみになるカレンダーになっておりますのでぜひぜひお買い求めくださいませーー!!

実は見物は先日頂いたんですが(ありがとうございます!)、本当私の絵も綺麗な仕上がりになって色んな方に頭が上がらない思いです・・・印刷屋さんももちろんそうなんですけど、CMYK変換を全て発刊元のフタコさんにまかせてしまったのですが、元絵の色味をほとんど損なわないような変換をしていただいてほんとありがたやありがたや…なんか私のやり方だと変換後のイメージを確認できなくて、どうしても色味がおかしくみえちゃってよく分かんなかったんですよねえ変換…これからも勉強致します…やっぱりフォトショないと難しいのかなあ。クリスタでも一応変換できるんだけど 私のそもそものやり方が変なのか…精進します…本当お世話になりました。次こそはこっちでしっかり変換できるようになりたいです…!

カラクリないと様はそのほかにも沢山素敵なアイテムを取り揃えておりますので、ぜひぜひ一度通販ページをご確認くださいませ~~!
超宣伝になってスミマセン笑 ブランケットはこれからの季節に超オススメですよ♡



たんぶらの方も更新しました~。ソニッククリス絵中心にまとめてみましたが、案外他の絵も結構あったのでそっちも一緒にまとめました。
たんぶらって海外の方が多く利用しているので、海外の方からの反応がたくさんあってとっても嬉しいんですが、今回ソニッククリスまとめ中心だったってこともあって、すごくね、クリスへの反応が冷たくて辛いwwwwwなんでやクリス良いキャラやろwwwww 絵自体の批判ではないので別に気にしてるわけではないのですが、改めて海外でのクリスの不人気さを身を持って体感しました・・もっとクリスの事愛してあげてよwwwww
いやよく分かるんですよクリスの不人気さの原因は。大分ゲーム原作に介入しちゃって色々原作シナリオ壊しちゃったしさ、ソニックにはべたべたな上に愛の逃避行するしさ(笑)、分かるんだよ、うんうん。
特に日本版と海外版とではアニメの趣旨が違うのがまた原因だと思うんだよねえ。トレーラーを見ていても分かるんだけど、日本版は、「ぼくらの世界にソニックたちがやってきた!」って言うぐらいだから、「ソニックたちと人間たちの交わり」が一番の趣旨として取り扱ってると思うんだけど、海外版では完全に「ソニックたちの新しい冒険物語」としてスタートしてるから、クリスたちの存在意義って更に分からなかったりするんだよね。ソニックたちの冒険物語になにこいつ介入してんの?でしゃばりすぎなんじゃない?? みたいな笑 クリスの事情とか、小さい頃のひとりぼっちの寂しさとか、そういうシーンもカットされているみたいだし…。日本版と海外版と、趣旨が異なってしまうのも、それぞれの国の背景が違うから仕方ないんだけど、ほんと、海外勢はクリスに厳しいwwww
ぶっちゃけ私もなんで途中からゲーム原作でアニメ作っちゃったのかなって疑問なんだけどね…そのまま人間とソニックの交わりを中心に作っていけば趣旨錯誤も少なかっただろうに。ほんとね、クリスが悪いんじゃなくて、スタッフが悪いから!!(極論)(ほんとでしゃばってスミマセン)(私が)


こっちが日本版トレーラー。かなり序盤のクリスとソニックのシーンが情緒的。
てかトレーラーオリジナル作画なんだよね序盤シーン。
何故放送しなかった。最近までトレーラーの存在すら知らなかったからこのシーンも知らなかったよ。ありがとうございますありがとうございます。


ちょっと公式トレーラーなのか確証ないんですけど、
多分公式だと思う…(ナレーター入ってるし)
クリスの影も形もない。てかそもそも人間世界の物語ってわけじゃなかったみたいだね!
途中でソニック世界の人たちっぽいのが映ってビビるwww


ほんとね
仕方ないんですよ
クリスがディスられるのも…
でも
私…負けない!(背景キラキラ)

業務連絡のみのつもりが語ってしまった。そんなこんなでクリス好きです。
(長かった)



てか私が長年気になってた、海外では「Nazo」と呼ばれている、
日本版トレーラーの2:40あたりの、白く光るソニックみたいなの
結局アニメで出てこなかったの気になるねん。
どんなストーリーを予定してたんだろうか・・・